奈良の香芝市で寿司・弁当の仕出し、宅配、出前なら甚八

2016年04月23日更新

奈良の香芝市で寿司・弁当の仕出し、宅配、出前なら甚八
こんにちは、香芝店小島です。
天下統一を目前に敢えなくその生涯を閉じた戦国武将織田信長の子孫は、お家騒動などにより散り散りになるものの、名門ゆえに小藩分立して幕末まで存続しました。 織田信長の実弟、織田長益は豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いでは功績をあげ、大和国に3万石を与えられます。その後、1万石を五男尚長(柳本藩)に与えます。こうして成立した柳本織田家は13代続いて明治を向かえました。織田尚長は、旧柳本城の住民を上街道筋に移転させて町を整備します。こうして上街道沿いには町場が形成され、次第に発展していきました。 旧上街道筋には伝統的な厨子二階に塗籠造りの商家が軒を連ね、往時を偲ばす面影が残っていました。私の住まいとする、天理の話ですが、そんな歴史があるとは知りませんでした。春の陽気に誘われて、甚八のお弁当を持っての歴史散歩などはいかがでしょう?

甚八では会議、研修、セミナー、打ち合せ、ミーティング、勉強会、送別会、歓迎会、女子会、卒業式、入学式、入社式、接待、役員会、上棟式、長寿祝い、 改装記念、法事、法要、スポーツ大会、発表会、町内会、食事会、節句、行楽、花見、誕生会、ケータリングなど様々なシーンにあったお弁当をご用意しています。