奈良の香芝市で寿司・弁当の仕出し、宅配、出前なら甚八

2015年12月18日更新

奈良の香芝市で寿司・弁当の仕出し、宅配、出前なら甚八
こんにちは、香芝店小島です。
香芝市南部、166号線は我が国初の官道「竹内街道」と重なる古道です。613年(推古天皇21年)難波と飛鳥京の間に置かれ、飛鳥時代に我が国初の官道として栄え、大陸からの文物を飛鳥にもたらしました。1796年(寛政7年)4月小林一茶がここで一句詠み、1853年(嘉永6年)吉田松陰23歳も竹内を経て儒者を訪ねています。聖徳太子も勿論通った道です。そんな風に思うといつもの道も又違った趣きを持ちますね。今は静かな佇まいで普段使いの道路として愛されています。

甚八では会議、研修、セミナー、打ち合せ、ミーティング、勉強会、送別会、歓迎会、女子会、卒業式、入学式、入社式、接待、役員会、上棟式、長寿祝い、 改装記念、法事、法要、スポーツ大会、発表会、町内会、食事会、節句、行楽、花見、誕生会、ケータリングなど様々なシーンにあったお弁当をご用意しています。