シャリ

2015年03月06日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

先日のひな祭りでは酢飯をお家で炊かれた方も多いのではないでしょうか?
寿司屋での「シャリ」という単語は主に酢飯を指し、一般のご飯を「銀シャリ」などと呼んだりしますね。
酢飯の作り方でポイントになるのが、ご飯が温かい状態で寿司酢を回す、そしてよくうちわであおぐです。
ご飯が冷めてしまうとご飯の表面にデンプンの膜ができて酢が上手く回らなくなります、また省略されがちなうちわであおぐ行程ですが、水分を飛ばしご飯がべちゃべちゃになるのを防ぐ目的があるので、面倒くさくてもぜひともしてほしい行程ではあります。
またシャリには新米ではなく古米を使いますが、古米の方がひび割れが多く寿司酢がよく浸透するからだそうです、このようにご飯に酢をよく混ぜ合わせるのが、シャリ造りでは重要なのです。
甚八では毎日特製ブレンド米と寿司酢を混ぜ合わせ、自信を持った寿司を提供しております、ぜひともご賞味ください。