ウナギ その1

2015年01月25日更新

奈良・大和郡山での鍋焼きうどんや寿司、会席・法事料理は当店で!勘太郎の店長小島です。

ウナギの旅はマリアナ諸島沖,スルガ海山近深海から始まり産卵孵化したレプトケファルス(柳状の稚魚)が黒潮にのって北上、晩秋から冬にかけて日本列島に流れ着く、これが河川や、干潟などで何年か暮らして、また川を下り、はるか南方を目差します。 このシラスウナギをとり、人口的に養殖したものが現在市場に出回っているのがほとんどです。この養殖が確立するまではウナギというのは非常に高価なものでした。 ウナギの旬は養殖ウナギと天然ものでは違い養殖ものは、冬に養殖池に入れたもので成長の早い「飛び」をよしとし早いものでは半年ほどで出荷できるまでに育ちます。この「飛び」の出荷される初夏が養殖ものの旬。天然ものは餌を活発に追う夏と下りうなぎ(産卵に川を下る大きなウナギ)のとれる秋から冬が脂ものり美味しいですね。

他府県から矢田寺・松尾寺・法隆寺へ観光の際には、寿司・和食店の勘太郎へ是非お越しください。 <a href=”http://www.zinpachi.com/kantaro/”>http://www.zinpachi.com/kantaro/</a>