寿司ネタ「はまち」

2015年01月24日更新

奈良で寿司・和食・弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八橿原店吉村です。

はまちは出世魚です。 出世魚というのうは、
成長に従って名前が変わる魚のことです。

はまちは地域によっても呼び名が変わる、
ややこしい魚になります。

関東では「もじゃこ」→「いなだ」→「わかさ」→「ぶり」。

関西では「つばす」→「はまち」→「めじろ」→「ぶり」と呼ばれています。

「はまち」というのは、関東でいう「いなだ」のことです。ですが関西では「はまち」の養殖がとても盛んで
「いなだ」よりもずっと脂がのっています。

関東では養殖の「ぶり」を「はまち」と読んでいます。やっぱり、ややこしいですね。

ハマチは、年中いつの時期でも美味しい魚ですが
「寒ブリ」と言われるだけに、冬の時期に食べたいですね。