江戸前寿司

2015年01月23日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

世界的文化にもなっている寿司ですが、外国人の方でも江戸前寿司という言葉は耳に残っていると思います。
江戸前寿司とは握りずしを中心とした江戸の郷土料理であり、東京湾で取れた魚を使っているからという説もありますが、あくまで寿司屋で提供される「職人が作った」にぎり寿司の事を指します。
現在では東京以外の寿司屋でも江戸前寿司と名乗っている店も多く、一般的な寿司の事も指していますが、江戸前寿司が誕生した江戸時代には、江戸と上方(関西)には文化的な差があり、今でも関西ではあまり見られないコハダ等のこだわりのネタも多いようです。
ちなみに軍艦巻を開発したのはテレビでも有名な銀座「久兵衛」だそうで、やはり現在の寿司のルーツになっている部分も多く、行く機会があれば関西の寿司屋と食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。