奈良少年刑務所

2014年12月14日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

「北山十八間戸」から北に上がると「般若寺」 ですが、
西にちょっとそれると、少年刑務所含む全国67刑務所の中で最も古い建物「奈良少年刑務所」が在ります。

明治41年完成で、当時の金で30万円を費やし、7年かけて建設され、
司法関係専門の建築家で、ジャズピアニスト山下洋輔の祖父・山下啓次郎が欧米諸国の監獄を視察し、
刑務所に「更正する為の場所」と云う理念を取り入れて設計しました。

ハビランドシステムと云われる建物配置で、敷地12ヘクタールの中央に立つと、
1点から全体が監視され、塀の内に実習室、運動場もあり、
定員730人なのに初犯の受刑者約850人が罪を償い社会復帰を目指しています。