天川村洞川の温泉

2014年12月12日更新

奈良で寿司・和食・弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八橿原店吉村です。

洞川の里は、大峯山の山上ケ岳にある「大峯山寺」へ入山される修験者の根拠地として開かれましたけど、標高820mの高地に位置する洞川は、夏でも涼しく関西の軽井沢とも称される避暑地で、登山者のほかに夏期林間学生でも賑わいを見せ、近畿では珍しい鍾乳洞が数カ所もある山峡の別天地で、山上川畔から湧き出る温泉は、摂氏26度の無色透明のアルカリ泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性などに効能があり、名物では、天下一品の「天然アマゴ」、活きた名水で仕込んだ「名水とうふ」、野生イノシシの「牡丹鍋」等があり、川の幸、山の幸がふんだんに楽しめます。