ぼたん味噌煮込みうどん

2014年12月11日更新

奈良・大和郡山での鍋焼きうどんや寿司、会席・法事料理は当店で!勘太郎の店長小島です。
日本で獣肉食が表向き禁忌とされた時代も、山間部などでは「山鯨(やまくじら)」(肉の食感が鯨肉に似ているため)と称して食されていました。「薬喰い」の別名からもわかるように、滋養強壮の食材とされ白い脂肪に縁どられた赤いイノシシの肉は、切り分けて皿に盛った状態が牡丹の花のようであることから「牡丹肉」とも言われます。勘太郎のぼたん味噌煮込みうどんは、養殖が大半を占める中、京都府和束より選りすぐりの天然イノシシを使用し、皆様に提供しております。疲れた体に滋養強壮抜群のぼたん鍋味噌煮込みうどん如何でしょうか。
   
他府県から矢田寺・松尾寺・法隆寺へ観光の際には、寿司・和食店の勘太郎へ是非お越しください
http://www.zinpachi.com/kantaro/