国史跡「見瀬丸山古墳」

2014年12月08日更新

奈良で寿司・和食・弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八橿原店吉村です。

 橿原市五条野町へ入って右へ折れ、西へ向かって近鉄吉野線「岡寺駅」の方へ向うと、途中に「見瀬丸山古墳」があります。全長318m、後円部径155m、前方部幅210mで、前方部が開墾され畑地になり、先端を国道169号線によって一部削り取られているが、周濠と外堤及び周庭帯を有する後期古墳、6世紀最大の前方後円墳で、全国第6位、被葬者は第29代欽明天皇(檜隈坂合陵は偽物)で、後円部頂上は明治時代に陵墓参考地に治定され、立入禁止です。なお、ここから東方300mに「植山古墳」があり、御陵で唯一発掘調査された欽明天皇の娘・推古天皇墓です。