興福寺国宝館

2014年12月02日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

明治8年に取り潰した興福寺の細殿(さいでん)、食堂(じきどう)跡に、
昭和33年に完成した「興福寺国宝館」があり、
開館9:00~17:00、年中無休で、拝観料は一般・大学生の大人500円です。

館内に白鳳から鎌倉時代に至る多くの仏像を安置し、
教科書等にも載っている、ちょっと憂いを含んだ顔で脱活乾漆の国宝「阿修羅像(天平)」や、
切れ長の目が涼やかな国宝の「仏頭」、板彫十ニ神将(平安)、
運慶の子・康弁(こうべん)の「天燈鬼・竜燈鬼」等があり、
その他、奈良時代から興福寺に伝わる彫刻、絵画、書籍、工芸、考古資料等の寺宝を収蔵されていて、
常設陳列の他に、随時特別陳列も行われます。