雑賀の墨いか

2014年11月27日更新

奈良・大和郡山での鍋焼きうどんや寿司、会席・法事料理は当店で!勘太郎の店長小島です。
寒い時期になると江戸前握りに欠かせないのが墨いか(コウイカ)です。真っ白なコウイカの身を縦にして柳をすーっと入れ、これにとんとんと包丁目を入れてさっと2かん。ねっとりしていて甘味が舌にからみつく。口に放り込むと、これが甘い。しかもまだ噛んでもいないのに舌に勝手に甘味が刺してくる。そしてねっとりと旨味が来て、すし飯がさらりと浮き上がる。これからが本番、冬の墨いかは雑賀に限ります!
他府県から矢田寺・松尾寺・法隆寺へ観光の際には、寿司・和食店の勘太郎へ是非お越しください。