五輪塔覆堂

2014年11月25日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

 

五輪塔覆堂は筒井順慶の墓で、近鉄平端駅からすぐ近くの史跡公園にあり、国の重要文化財に指定されています。

天正12年(1584)、36歳の若さで亡くなった順慶は、いったん奈良市の円証寺に葬られたあと、現在の長安寺町の墓所に 移されました。

この墓所は「御廟所<ごびょうしょ>」と呼ばれ、もともとはかなり広い面積を占めていたといわれており、西寺というお寺が建てられ、墓地 を守っていたようです。

非常に小さな建物ですが、近世初頭の墓堂として優れた意匠をもつものです。

町の中に溶け込んでいながら歴史的価値あるものなので、近所を通った際はぜひ足を止めてみてください。