秋鱧

2014年11月19日更新

奈良・大和郡山での鍋焼きうどんや寿司、会席・法事料理は当店で!勘太郎の店長小島です。
夏が旬であるハモは秋になると「名残の鱧」と呼ばれる。まだまだうまいのだけれど、鱧の季節は残り少なく、鱧好きには寂しさが募ります。まだ脂がのってうまいハモの握りに、そして押し寿司やはり関西風の押し寿司が最高の美味です。鱧はそれぞれしっかりあぶっておく。やや甘めの酢飯を作り、しっかりした寿司型で押す。家庭的なはんなりした酢飯と脂からくる甘み、そして香ばしい風味が絶妙なのだ。塩焼き、照り焼き、ともに個性があっていい味わい。久しく食べていなかった押し寿司は、もう終わろうとしている鱧の季節が名残おしいです。

他府県から矢田寺・松尾寺・法隆寺へ観光の際には、寿司・和食店の勘太郎へ是非お越しください。