セコガ二

2014年11月18日更新

奈良・大和郡山での鍋焼きうどんや寿司、会席・法事料理は当店で!勘太郎の店長小島です。
セコガニとは松葉ガニのメスの事です。地方により呼び方が変わり、「親がに」「セイコガニ」「コッペガニ」「コウバコガニ」など色々な呼び名で親しまれています。
セコガニの漁は、資源保護の為に毎年11月6日~12月末までと非常に短く決められています。セコガニは、1年の中でたった2ヶ月間しか食べる事の出来ない貴重な蟹です。
冬の味覚として知られる松葉がにより、セコガニをより美味として好まれる方も非常に多いのです。
セコガニは、地元では冬の味覚として古くから親しまれてきました。
セコガニでしか味わえない、「濃厚なかに味噌」「まったりした旨味の内子」「プチプチ歯ごたえの外子」のトリプルの旨さを存分に堪能してください。セコガニは、一度食べるとやみつきになりますよ。
他府県から矢田寺・松尾寺・法隆寺へ観光の際には、寿司・和食店の勘太郎へ是非お越しください。