賽(さい)ノ神を祀る「道祖神社」

2014年11月16日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

「元興寺」東門の前から北へ向って、大通りを渡り更に北へ行くと「猿沢池」の東畔ですが、
途中「奈良町センター」の角を左へ折れて西へ向うと、次の四つ角に「道祖神」が鎮座しています。

祭神は、道案内の猿田彦(さるたひこ)命と、妻の天宇受売(あめノうずめ)命で、
その昔、「御霊神社」 に祀られている御霊さんとサイコロ賭博をしたら、
道祖神さんがすってんてんに負けて、博打の形に彼の氏子をみんな御霊さんに取られてしまい、
その上身ぐるみ剥がされ、最後に残ったのは破れた蚊帳(かや)1帳だけでした。
それなのにご利益が有るとか云い、勝負師が境内の石を削って持ち帰ります。