涌出宮

2014年10月14日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八学園前店の中西です。

創建は天平神護二年(766)、伊勢国渡会(わたらい)郡五十鈴川舟ヶ原より、天乃夫岐売神(あめのふきめのかみ)を勧請(かんじょう)したのが起こりとされています。山城の国祈雨十一社の一社であり、雨をもたらす神として崇拝されてきました。
本殿(元禄5年造立)と拝殿は府登録有形文化財、本殿棟札12枚は府登録有形文化財です。
中世以来続く宮座行事は古風な儀礼をよく保存しており昭和60年に国指定重要無形民俗文化財に指定されています。2月の「居籠(いごもり)祭」は天下の奇祭として有名で「音無しの祭」とも言われ室町期の農耕儀礼を伝えており、豊作祈願・春を呼び幸せを招く祭りとして信仰を集めています。
日当り•風通しがよく、清水が豊富な環境に育つというイチイガシの古大木に包まれている鎮守の杜を中心に、境内地全体が「環境保全地区」に指定されています。境内から弥生時代の土器・石器が出土し、竪穴式住居跡も確認されています。