百済観音像

2014年10月06日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

法隆寺の国宝百済観音像は、飛鳥時代を代表する仏像で、広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などとともに、昭和26年に初めて国宝に認定された作品の一つです。
独特の体躯の造形を有し、杏仁形(アーモンド形)の目や古式な微笑みをたたえる表情は神秘的であり、多数の随筆等によって紹介されるなど、我が国の国宝を代表する仏像の一つです。
以前は安置場所が無く場所を転々としていましたが、平成10年やっと「大宝蔵院」が建立され、その中に「百済観音堂」が落成し、現在像も保管されています。