吉野神宮

2014年10月03日更新

奈良で寿司・和食・弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八橿原店吉村です。

 「吉野神宮」の祭神は、第96代後醍醐天皇で、御神体は第97代後村上天皇が自ら刻んだ後醍醐天皇の尊像を吉水(よしみず)神社から移転したものです。また今の社殿は、昭和3年に竣工され、後醍醐天皇の建武の新政の事跡を讃え、これを昂揚する当時の皇国思想を反映して大規模な社です。なお、社殿はかって後醍醐天皇が京都の御所へ帰還される事を熱望されていた心情を汲んで、京都の方角を向き、北向きに建てられています。また、ここから西に金剛葛城の連峰、北に吉野川の清流を隔てて龍門、高取の山が望まれ、そして、南の吉野山へはなだらかに登って行きます。一度寄ってみてはいかがですか。