真言宗「法楽寺(ほうらくじ)」

2014年10月03日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八学園前店の中西です。

「富雄川」に沿って県道7号枚方大和郡山線を更に北へ行くと、バス停「高山学校前」の保育園の横から西へ入って行った所に「法楽寺」の古びた「本堂」が木立の中に建っています。更に崖を上がって、山門の左側の一段と低くなった境内の前庭に、昭和9年茶筌(ちゃせん)業組合によって建立された「茶筌(ちゃせん)の始祖、高山宗砌(そうぜい)の碑」があり、毎年3月8日が高山宗砌の命日で、「法楽寺」さんで法要が営まれます。なお、奈良県生駒市高山町の大北(おおぎた)地区は、茶筌の里で、あちこちで茶筌の実演販売をされ、1本の竹を50~200本に割り、用途によって0.07mmまで削る技が見られます。