誕生寺

2014年09月28日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

「徳融寺」の斜め向いが浄土宗異香山法如院「誕生寺(たんじょうじ)」です。

中将姫が 生まれた藤原豊成の屋敷が在ったので「誕生寺」と呼ばれ、
中将姫に因んだ霊地ゆえ、もちろん尼寺で、姫自作の本尊「中将姫法如尼坐像」を安置し、裏庭に産湯に使った井戸があり、
庭の奥の「極楽堂」へ向う所に中将姫を浄土へと導いた二十五菩薩像が立ち並んでいますが、
それらの石像の仕草は大変かわいらしく、なお中将姫は才能が世に知られ、
9歳の時、女帝孝謙天皇から三位中将の位を賜りましたが、
16歳の時に継母によって宇陀市菟田野(うたの)の雲雀山(青蓮寺)へ捨てられ、
後に狩りに来た父豊成と再会して帰宅しました