東明寺

2014年09月27日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

矢田丘陵の中腹に位置する東明寺は、木造地蔵菩薩坐像・木造毘沙門天立像・木造吉祥天立像と3つの国の重要文化財が残る、歴史あるお寺です。
694年、舎人親王の創建で、眼病で悩む持統天皇のために様々な寺社にお参りを重ねていた時、夢枕で白髪明神のお告げあり、そのお告げ通りに霊山に登って水をすくい、その水で眼を洗った所、天皇の両目は治り、その謝恩で建てられたと伝わっています。
ちなみに眼を洗った際に、「東の方が明るく見えた」事から「東明寺」となりました。
普段拝観は行っておらず、事前のご予約が必要ですが、風情あるお寺でハイキングコースにもぴったりなので矢田に行かれる際は立ち寄ってみてはどうでしょうか?