大和小泉城

2014年09月20日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

小泉城は現在の小泉町にあった平城で、別名片桐城とも言われています。
築城の年代は定かではないですが、大和国人の小泉氏が築城したと言われており、大坂の陣の後、当時の藩主片桐氏に徳川家康より石高が与えられ、小泉陣屋として新たにスタートし、陣内にいた農民に対して街道筋に屋敷替えを命じ再び大きく改修して繁栄しました。
片桐氏は初代貞隆から12代貞篤まで代々と小泉の地を離れることなく明治維新を迎えていますが、明治時代の廃城令によって小泉城は取り壊され、現在は堀などが残るのみですが近所の慈光院と合わせて、当時の面影を残しています。