筒井城

2014年09月19日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八郡山店伊藤です。

筒井城は大和郡山市筒井町にかつてあった城で、室町時代、戦国時代を通じて大和国の政治史の中心的存在であった興福寺衆徒筒井氏の居城でありました。
大きさはおおよそ南北400m、東西500mあり、中世の城としては比較的大きい部類で堀の中には市場も形成されて賑わっていたと考えられています。
筒井城は何度も合戦の舞台となっていて史料も残っており、8代城主筒井順慶の時に織田信長に帰服した後、一国一城令によって筒井城は廃城となり、郡山城に移りました。
現在、城跡中心部は蓮根畑となっていますが、周辺の入り組んだ道からは当時の面影を感じとる事ができ、地元の人には殿様が住んでいたからと遠慮して家を建てないと伝承されているそうです。