コナベ古墳(小奈辺陵墓参考地)

2014年09月18日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

実物の戦闘機が数機置かれた「奈良航空自衛隊幹部候補生学校」の西側に、
先の「ウワナベ」と共に佐紀盾列古墳群の1つ「コナベ古墳」が在ります。

これもゴーランドが精密な実測図を描き、母国に紹介して、墳丘は少し北へ寄った三段築成。
全長204m、前方部幅129m、後円部径127m、墳丘のくびれ部の 両側に張り出しを持ち、
後円部中央に長さ2.5m、幅1.2mの切石の石棺が在って、
濠の外堤には円筒埴輪を巡らしていた事が「廟陵記」に載っています。

また、濠の外に南西から北東にかけて、7基の陪塚が今も並んでいます。