浄土宗「安養寺(あんようじ)」

2014年09月15日更新

奈良で寿司・和食弁当・法事料理の出前・宅配はおまかせ!甚八四条大路店の柳川です。

「安養寺」は「聖光寺」から、また西へ戻って「音声館」の直ぐ南隣に在ります。

法如禅尼(中将姫)開祖で、室町時代に建てられた本堂は、県の文化財に指定され、
昔は「横佩(よこはぎ)堂」と称したが、
後に阿弥陀三尊(本尊阿弥陀如来、左脇侍 観音菩薩、右脇侍勢至菩薩)を安置してから
「安養寺」と改め、なお、現在その三尊像は奈良国立博物館にあります。

今は「安養寺」に別の阿弥陀如来像と、善光寺 如来三尊と呼ばれる阿弥陀三尊を安置しています。